男性

投資用ワンルームマンション物件探し|不動産投資で資産を増やす

サラリーマン用の区分投資

室内

リスクの小さい不動産投資

超低金利が続いている今、預貯金で資産を増やすのは無理です。資産を運用することでしか増やすことはできないのです。株や先物取引などの方法がありますが、最もリスクが小さいのが不動産投資です。サラリーマンでもできる不動産投資がマンションの区分投資です。区分投資が人気なのは、手元の資金が少なくてもマンション経営ができるからです。不動産物件の中には投資用ワンルームマンションというのがあります。それをローンで購入して賃貸として貸し出すのが区分投資です。投資用ワンルームマンションを購入する時にはローンを組みます。毎月のローンの支払いには家賃を充てることになります。つまり自分でローンの支払いをしなくて済むのです。そしてローンの支払いが終われば、投資用ワンルームマンションという資産を自分の物にすることができます。

入居者を確保できる物件

サラリーマンが区分投資をする場合、頭金が多少あれば誰でも投資用ワンルームマンションを購入できます。大切なのは投資用ワンルームマンションの選び方です。賃貸として貸し出す時の最大のリスクは、入居者が見つからないことです。入居者がいないと家賃収入がないので、自分でローンの支払いをすることになります。考え方を変えれば、もし入居者がいない場合は自分が住めばいいわけです。このように考えると気楽に区分投資ができます。資産を増やすためには入居者を常に確保することが重要で、そのためには購入する前に周辺環境をリサーチする必要があります。大学や企業や集客施設などがあれば入居者を見込めます。そのような投資用ワンルームマンションを手に入れることができれば、区分投資は成功します。

敷居の低い不動産投資法

外観

投資用ワンルームマンションは少ない資金で購入ができる上に、家賃の金額や空室リスクを保障してくれる上に一切の管理を引き受けてくれる斡旋業者の存在によって、サラリーマンを中心に人気を集めています。しかし、こうした斡旋業者を介した場合でも、売却時期の見極めに関してはオーナーが常に意識する必要があります。

More...

OLにもできる不動産投資

インテリア

不動産投資は土地や資産を持っている人がやるものというイメージがありますが、実はサラリーマンやOLでもできるのです。それはマンションの一部屋を購入して賃貸として貸し出すという方法です。そのための投資用ワンルームマンションというのがあります。購入する時には入居率の良いワンルームを購入することが必要です。

More...

不動産価格の上昇期待

マンション

都心の投資用ワンルームマンションは販売が好調です。マイナス金利の導入で不動産価格の上昇が期待できるからです。また、借り入れ金利が低いことも投資用ワンルームマンションの購入動機となっています。なお、投資用ワンルームマンションは好立地の物件に絞って購入をしたいところです。

More...