女性

投資用ワンルームマンション物件探し|不動産投資で資産を増やす

敷居の低い不動産投資法

外観

少ない資金でも投資可能

投資用ワンルームマンションを対象物件とした不動産投資は、資金の全額をローンで調達して都心部のマンルームマンション物件に投資をしたとしても毎月の負担が数万円程度で済む、という具合に少額投資で運用できるという敷居の少なさから、不動産投資の初心者を中心に人気を集めている投資スタイルの一つです。そして昨今では都心部を中心に投資用ワンルームマンションを購入さえしてくれれば、賃料の設定金額を保障する上に空室リスクも担保し、利益から一定額を支払うことで管理の一切も引き受けるというスタンスでサラリーマンなどを対象に投資用ワンルームマンションの購入を斡旋する業者が乱立するようになっていて、これらの業者の存在によって一層ワンルームマンションに対する不動産投資が促進されています。

売却時期の見極め

家賃の額が保障され、空室リスクも担保してくれて、管理もすべて任せられるとなると、オーナーがその投資用マンションに関して毎月やらなくてはいけないことは、ローンを組んでその投資用ワンルームマンションを購入した場合は毎月のローンを支払うだけ、全額自己資金で購入したのであれば毎月やらなくてはいけないことは何も無いという状況になります。こうした利便性がサラリーマンを中心に投資用ワンルームマンションを斡旋業者から購入する人が増えている理由です。しかし、オーナーにはもう一つやらなければならないことがあります。それが売却時期の見極めです。というのも、地価相場が高騰しない限り、不動産物件の売却価格は築年数に比例して下落していきます。そのため、その時点での不動産相場によっては売却金額にそれまでに得られた賃料による利益を補填しても購入資金を下回り、損益分岐ラインを下回る結果に陥るというリスクもあるのです。従って、管理の一切を任せられる形で投資用ワンルームマンションを購入した場合でも、オーナーは売却時期の見極めという重要な判断事項を抱えていることになるのです。