女性

投資用ワンルームマンション物件探し|不動産投資で資産を増やす

不動産価格の上昇期待

マンション

価格の上昇期待

都心では投資用ワンルームマンションの売れ行きが好調となっています。日本ではマイナス金利が導入されたことから、今後は不動産市場へ余剰資金が流入してくる可能性が高まっています。そのため、これから数年後には投資用ワンルームマンションの価値が上がっていく可能性が出ています。とくに東京ではオリンピックを控えているため、都心の投資用ワンルームマンションでは価格上昇期待が根強いです。投資用ワンルームマンションは、タワーマンションになると数千万円といった購入資金が必要となってきます。しかし、現在は不動産向けの貸し出し金利がかなり低くなっていることから、高額であっても借り入れがしやすい環境があります。そうした環境があることも、投資用ワンルームマンションの販売が好調な要因です。

購入の条件

投資用ワンルームマンションの購入では、好立地の物件に限定をする必要が出てきます。湾岸地域などの投資用ワンルームマンションであれば、今後のオリンピックに向けて高い入居需要が期待できるようになります。しかし、郊外のワンルームマンションを選んでしまうと、入居需要が伸びずにマンション価格が下落してしまうリスクが出てきます。投資用ワンルームマンションの購入では、今後の税制にも注意をする必要があります。これからはタワーマンションの購入による相続税対策はできなくなる可能性が出ています。したがって、投資用ワンルームマンションを購入する場合には、今後の需要は実際に入居したい人がいるかどうかで判断する必要が出ています。